Help! Cucumber!

月曜担当のマザーズ∞です

突然ですが!

ささもと農園で採れる夏野菜の中で

いつも悩まされるのが

キュウリ!

実は、いいことあり荘103号室のふなっきーと202号室の私

キュウリが大の苦手でございます!

嗜好の傾向が似ているせいか、スイカも苦手でございます

 

ふなっきーがキュウリを食べることは絶対にありませんが

私はまあ、調理方法によっては食べられます

 

ポテトサラダに入っているのは割とセーフで

生食や浅漬けは完全アウト、酢の物はギリギリアウトです

 

とはいえ

地方(尾張)出身の私は、愛知県豊橋市に本社を置く

「 東海漬物株式会社 」の「 きゅうりのキューちゃん 」だけは

物心つく前から親しんでいたため( キュウリという認識がなかった )

普通に食べられるのです

漬物売場に必ずあります!

そこで、今年は

この「 きゅうりのキューちゃん 」を自作するという野望を打ち立てました

まずは商品パッケージ裏面にある原材料名をチェック!

 

きゅうり(中国、ラオス)、しょうが、しその実、ごま、                漬け原材料〔しょうゆ、魚介エキス、還元水あめ、醸造酢、たんぱく加水分解物、         香辛料、食塩〕/調味料(アミノ酸等)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)、                 着色料(クチナシ、紅麹)、(一部に小麦・ごま・大豆を含む)

 

何とキュウリは外国産だったんですね( 知らなかった・・・ )

公式サイトによると、四葉(スウヨウ)という品種だそうです

その他の材料は、あるものだけを使用することにしましたが

企業秘密であろう調味料の配合や製造過程は

実際の商品の仕上がりから想像するしかありません

 

① キュウリを塩で軽く揉んで、外皮を柔らかくする

② 水で洗い、塩気を出来るだけ落とす

③ 適当なサイズに切る

④ 魚介系スープで煮る

⑤ 全体的に熱が通ったらざるに上げ、水分をしっかり切る

⑥ 醤油、酢、砂糖、生姜、ごま、鷹の爪(微量)をテキトーに合わせておく

⑦ キュウリが熱いうちに⑥につけ、すぐに冷蔵庫に入れる

 

工場では、調味料に漬け込むとき

減圧装置を使って一気に味を染み込ませていると思われます

家庭ではそれが出来ませんので

生食のイメージが強いキュウリを敢えて加熱し

⑦の過程で素材の温度を一気に下げることで、減圧効果を出しました

 

育ちすぎて大きくなってしまったキュウリでも

意外に見た目の量も減り

今年はキュウリの在庫に悩まされることが

少なくなりそうです

 

夏の暑い日に、冷茶で食べるお茶漬けには

もってこいの仕上がりになりました!

意外とイケる仕上がりに・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございます
共感してくださったら
文末の ” イイね! ” ボタンをClickしてくださいね
青梅市 新町で 賃貸、貸家、マンション、アパート、平屋などの住まい探しは
ささもと不動産へお気軽にお問合せ下さい。
http://www.sasamoto.in/
↑ホームページはこちらです

6+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA