現地調査に出てみると…!

皆さん、こんにちは!

月曜日更新担当、夏季休暇を頂戴する期間はお家で大人しくしている予定で

有名な拓兵衛こと相原でございます。

 

さて、先週。

これからお家のお建て替え工事をさせて頂く予定のお施主様のご自宅にお伺いして、

敷地の現地調査を行って参りました。

“現地調査”といえば、私たちは「現調」などと略称で呼ぶことが多いですね。

 

つい、お客様の前でも現調といってしまうほど、

この業界においては、頻出する単語ではございますが、

 

敷地の現地調査においては

①敷地の寸法(外周部の長さ、またそれによって求められる面積)

②高低差

③給排水設備等の公共設備配管の有無

④電線の引込状況

⑤近接する家屋、工作物の状況

⑥近隣環境(工事作業時に懸念されることがないか)

 

などを建築士、施工管理技術者、デザイナーなどの各分野のプロが

様々な視点でチャックするものです。

ちなみに先週は、私拓兵衛の他に現場担当のわっきー隊長と

コーディネーターのミクさんと共に調査を行って参りました。

 

猛暑の中で大変な調査ではございましたが、

家を建築するうえでは重要なこと。

ばっちり計測をさせて頂き、一安心でございます。

 

事務所作業もいいですが、

学生時代の経験も生かして、たまには日差しに晒されながらも

測量なんてのも、良いものですね。

 

夏は暑くて大変ですが、

カラフルなお花(へちま?)に癒されました。

花って綺麗ですね

青梅市周辺、西多摩地域にて、新築一戸建て・注文住宅・リフォームをお考えで、

工務店や建設会社をお探しの方は、ぜひ、ささもと建設にお問合せください。

↓↓↓
ささもと建設ホームページ

 

いつもブログをご覧頂き、有難うございます!

拓兵衛のブログをご覧頂いた方は是非、下記のボタンから

↓↓↓『イイネ』をお願い致します↓↓↓

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA