〒198-0024 東京都青梅市新町3-55-3 ささもとグループ本社ビル

ささもとの家づくり

 

 

ありがとうの家づくり

 

 

「ありがとう!」

 

この言葉を皆様が心から言えるときはどんなときですか?
周りの人が自分のために親切にしてくれた、大切な誰かが自分のために一生懸命頑張ってくれた。
「ありがとう」という言葉は、相手の気持ちに配慮する心のゆとりがあるからこそ伝えられるのではないでしょうか?

 

様々な苦労を乗り越えて、長年連れ添った夫婦。

 

多忙な日々から、これからは落ち着いた生活になるでしょう。
家にいる時間、夫婦で過ごす時間が長くなっていきます。

 

 

やっと一緒にいられるのが当たり前の二人の時間の中で、
二人の会話が減ってしまったら・・・?

そんなことには、なって欲しくありません。

 

ささもと建設ができるお手伝いは、「ありがとうの家づくり」をしていくことです。
私たちがお客様と一緒に建てる家は、「住むための箱」ではありません。

 

夫婦の間に「ゆとり」が生まれて「ありがとう」がたくさん行き交い、相手を想い合うことのできる
明るい生活であってほしい。「やっぱり自分の家が一番落ち着く・・・」そう思える空間であってほしい。

 

それが、ささもと建設の目指す「ありがとうの家づくり」です。

 

 

ここからは、「ありがとうの家づくり」を実現するための「ささもと建設の家づくり4つのキホン」をご紹介します。

 

詳しく知りたい方はこちらをクリック
 

 

 

1.じっくりお話を伺ったうえで、ハートのあるご提案をいたします。

 

まずは、あなたのお話をじっくり伺います。

 

お客様の誰もが、家づくりに夢をお持ちです。その一方で、大きな計画を前に、
様々な不安や悩み、疑問を抱えていらっしゃいます。

 

・家をメンテナンスしたいけど、どれだけ費用をかけていいのかな?

・高齢の自分たちに、新たな家が必要だろうか?

・子どもたちは将来、私たちの家を引き継いでくれるだろうか?

 

中には、考え始めただけで気持ちが落ち込む方もいらっしゃいます。

 

しかし私たちは、不安は「幸せ」をつくることができる原石だと思っています。
ご家族だけでは解決できない不安も、私たちと一緒なら絶対に乗り越えられます。

 

 

 

家づくりの最初の一歩は、皆様の不安を、ゆっくりじっくりお聞きするところから始まります。

 

私たちには、数多くのお客様の課題・悩みを解決し、家を建てさせて頂いた実績があります。
家づくりの悩みや不安は、プロの視点で解決、ご提案をさせて頂きます。

 

ささもと建設は、お客様の不安を『fun  楽しい』に変えるあなたのファン(応援団)です。
まずは、今の悩みや不安をお聞かせください。さあ、家づくりのスタートです。

 

 

お客様の「納得の一言」が出るまで、強引に話を進めることはしません。

 

建築のプロである私たちが、住宅の専門知識や業界の常識を、皆様に押し付けることは簡単なことです。
しかしそれでは、お客様には本質的に満足して頂けないと私たちは考えています。
なぜなら、皆様の不安や悩みは、必ずしも建築の専門知識で解決できるものばかりではないからです。

 

ささもと建設では、そこに住まうご家族全員の不安が解消され、皆様が納得されるまで打ち合わせをいたします。
お客様の気持ちに反してまで、強引にお話を進めることはしません。

 

ささもと建設は建築の専門的な説明だけではなく、ご家族の気持ちを大切にした
ハートのあるご提案を致します。

 

かゆいところに手が届く間取りをご提案いたします。

 

お客様に完成後の暮らしをイメージして頂けるように、ささもと建設では、お客様から直接お話をうかがった社員が自ら間取りを描き、ご提案いたします。言葉だけに隠された、微妙なニュアンスを汲みとることができるから、 「そうそう、こうしたかったの!」という、かゆいところに手が届く間取りをご提案することができるのです。

 

 

また、家づくりの要点が決まったら、設計士による構造のチェック、概算のお見積を経て、ささもとオリジナルの手描きプランをご用意して、本プランニングのご提案をさせて頂きます。

 

 

2.不動産部門がある、ささもとだから出来る、住まいのトータルプロデュース

 

最良の住まいとは何だろう?

 

これからの暮らしに最良な住まいとは何でしょうか?

 

・今の家を建て替える

・キッチンやお風呂を最新のものにする

・家を住み替える

 

「やっぱり、我が家が一番!」そう思って暮らすための住まいの
形は人それぞれです。

 

不動産部門がある、ささもとグループでは、新築・リフォーム・賃貸から、あなたにとっての最良の住まいをご提案することができます。

 

自社の売上のことだけを考えれば、新築住宅・リフォームを提案した方が良いかもしれません。
しかし、私たちはお客様の将来を考えて、時には「家を建てなくても良いのではないですか?」
とご提案させて頂くこともあります。

 

なぜそうするか。それは「地元青梅に住まう人の手助けをしたい!」という強い想いがあるからです。

 

「お客様にとって最良の住まいは何だろう?」と考え、全力でお手伝い致します。

 

▼住まいづくりのよくある質問をまとめました。詳しくはクリックしてください

 

“これから”を考えたライフプランの設計もお手伝いいたします。

 

定年後の住まいづくりを考えた時、
今の資産の見直しが必要なこともあります。

 

ささもと建設は
「家が建てられるようになりましたらお越しください」なんてことは申しません。

 

・資産の有効活用(空き家対策など)のご相談

・土地の売却相談、新しい土地の購入相談

・相続、贈与のご相談

・新しく建てる家の活用方法のご相談

・建て替えやリフォームの予算のご相談

・これからの生活に必要な資金を考えるライフプランのご相談

 

など、不動産部門や専門のパートナーとも協力しながら、あなたとご家族の暮らしにを一緒に考えます。

 

少々おせっかいかもしれませんが
「ご縁のあったお客様とは長く良いお付き合いを続けたい」という想いがあるからこそ、
単なる家づくりにとどまらず、お客様の暮らしを明るくするためのお手伝いをさせて頂きたいのです。

 

3.構造重視の安全住宅

 

「自分の家族が住む家を建てている」と思いながら、安全な構造を一番に考えています。

 

「自分の家族の家を建てると思ったら・・・」
私たちはそんな想いで、安全を一番に考えた家づくりをしています。

 

長期優良住宅の認定を受けられる安全構造

 

・構造の安定に関すること[耐震等級3]

・劣化の軽減に関すること[劣化等級3]

・維持管理への配慮に関すること[維持管理対策等級3]

・温熱環境に関すること[断熱等性能等級4]

 

難しい言葉を並べましたが、長期優良住宅の認定を受けられる家づくりを行うためには、国が定めた長く安心して安全に暮らせる家を建てるために国が定めた建築基準法で定められた最低限の基準を超えた、高水準の細かな構造基準を満たさなければなりません。

ささもと建設の家は、
長期優良住宅対応の家が基本仕様です。
地震に負けない、安全な家づくりです。
地震があっても「家の中にいれば大丈夫」
そんな安心して暮らせる家づくりをしています。

 

 

 お施主様の家を徹底して大切にする“ささもとルール”

 

 

建築中の家は、お客様から、お預かりしている大切な家です。
工事を任せて頂いている信頼、そして、完成への期待といった、お客様の想いに応えるためにも、
ささもと建設では、建築中の家を徹底して大切にします。

 

【家づくりに対する“ささもとルール”その一部をご紹介します】

 

◆ささもと独自の構造ルール

 

建築後の木のたわみ(ゆがみ)やクロスの割れを少なくするための木造軸組のルールです。
柱の置く位置や柱と柱の間隔など、建築基準法を上回る独自のルールを細部にまで
徹底させています。この効率よく、かつ安全な基準をルール化することで、ささもと建設が
ローコストで家を建てられる秘訣でもあるのです。

 

 


◆建築中の建物を雨にさらさない全面ブルーシート

 

家を建てる時に使う木材は、乾燥材です。
その乾燥材を雨から守るのが、全面ブルーシート。
「何もそこまでしなくても・・・」同業の方からもそんなご指摘を頂く、
この全面ブルーシートですが、建築中は欠かさず、大切な家を守ります。

 

 


◆大工も土足厳禁、家の中も大切に

 

キレイな状態でお客様にお引き渡しができるよう、ささもとの社員はもちろん、
大工さん、運送屋さんに至るまで、内部は土足厳禁です。工事中は専用の
上履きにはき替えて作業を進めます。現場見学会としてお貸し頂く際ももちろん、
ご来場頂くお客様にも土足厳禁、手袋の着用に、ご協力を頂いております。

 

 


◆毎週1回の定期清掃は現場担当者全員で行います

 

良い家づくりはキレイな現場から。キレイな現場を維持するために、毎週1回、
清掃を行っています。もちろん全員で現場に設置している簡易トイレも例外ではありません。

 

また、そのチェックを社員がローテーションで行うことにより、誰が見ても
キレイと言われるように維持をしています。

 

 


◆いつでも、現場にお越しください!

建築中も家づくりを楽しんで頂けるように、お施主様にはいつでも見学して
頂けるよう、準備をしています。小さなお子様がいるご家族もご安心ください。
お子様用のヘルメットもご用意してお待ちしています。

 

 

また、上棟時には、記念に手形、足形を残すイベントも実施しています。
マイホーム建築が、ご家族にとって良い思い出になるよう、おもてなしの心で、
ご案内いたします。

 

 

 


 

4.地元青梅に育てられた建築会社として、お客さまと10年・20年のお付き合い

 

家を建てた後も、私たちがずっと近くにいる安心感を

 

地域に活きる建設会社として、最も頼りになる存在でありたい。
そのためには、良い家で提供することはもちろんですが、
建てた後も、私たちがずっと皆様に寄り添っていけることが大切だと思っています。

 

・住まいの定期点検 (定期点検の詳細は、ページ下部にてお伝えします)

・暮らしに役立つオリジナル情報誌「ジンゴロウ通信」

・年に2回のお客様感謝イベント

・年末年始、お歳暮、お中元、暑中見舞いなどの節目のご挨拶

 

 

何か困ったことがあった時、気軽に声をかけられる、そんな存在であり続けたいという想いで、
家を建てた後も、お客様とのコミュニケーションを大切にしています。

 

アフターメンテナンス 住んでからの「心」の安心お届けします

 

ささもと建設のアフターメンテナンスは安心を届けることを第一としています。
そのために「お目にかかる」こと「声をお届けする」という“人のぬくもり”を感じられる対応を大切にしています。

 


◆プロの目線で定期点検

ささもと建設では、1年、2年、5年、10年、20年、30年という節目に、お客様のお宅を訪問し、お家の健康診断を行っています。「わが家は大丈夫」と思っていても、プロが診断すると稀に不具合が見つかることがあります。

 

ですが、ご安心ください。
定期点検では、不具合がないことがほとんどです。

 

そんな時でも“その後のお手入れのお話”だけでなく“最近の出来事などの雑談”も楽しくお話させてください。そんな繋がりが、お客様にとっても、私たちにとっても安心につながるはずですから。

 

 

 

◆まず、会いに行きます お問合せ対応

お客様からのご連絡を頂いたら、まずはお会いしてお話をうかがいます。

 

お客様は不安なお気持ちで、お問い合わせ頂いているはずです。不安を少しでも早く解消すべく「社員全員がお客様の担当者」の気持ちで対応させて頂きます。

 

お問い合わせをいただいた時、営業や現場の担当者が不在の時もございますが、そんな場合も、社員全員一丸となって「今できること」を考え行動することを心がけています。

 

 

 

  • 01
  • 01
  • 01
Copyright(c) Sasamoto kensetsu All Rights Reserved./Produced by 想い伝えるサポート会社 ツタエル