【キホンその3】構造重視の安全住宅

画像(250x188)

家の基本は「家族を安全に守ってくれること」。

地元青梅で40年、
材木店を営んでいた時代から積み重ねた経験と技術と、
最新の住宅事情、青梅の環境に配慮した構造重視の安全住宅をささもと建設はご提供しています。

その特長は大きく2つ
・長期優良住宅の基準を満たした安全構造
・お施主様の家を徹底して大切に扱う“ささもとルール”
この2つを軸にお客様の住まいの安全を守ります。

長期優良住宅の基準を満たした安全構造

耐震性、耐久性能、維持管理の容易性、必要な住戸面積、省エネルギー性、居住環境。

・・難しい言葉が並びました。

今、上げさせていただいたのは、長期優良住宅の認定を受けるためのチェックポイントの概要です。

長期優良住宅に関しては、
「いったい何がメリットなの?」
「補助金だけ?」
とお考えの方も多いかもしれません。

ささもとの提供する長期優良住宅のお客様にとってのメリット。

一言で言うと、
「メンテナンスの負担がかからないこと」
です。

もちろん、家が安全なことは大前提として、
その上で、長く幸せに住まい続けていただくために、
メンテナンスの不安を少なくする、長期優良住宅の安全基準をささもとの家の標準装備として、採用しています。

お施主様の家を徹底して大切に扱う“ささもとルール”

建築中の家は、
お客様から、お預かりしている大切な家。

大切な家をお預かりさせていただいている信頼
工事を任せていただいている信頼
そして、完成への期待

お客様の想いに応えるためにも、
ささもとでは、建築中の家を徹底して大切に扱います。

【建築中の家に対する“ささもとルール”その一部をご紹介します】

画像(250x188)

◆ささもと独自の構造ルール

建築後の木のたわみ(ゆがみ)やクロスの割れを少なくするための木造軸組のルールです。
柱の置く位置や柱と柱の間の間隔など、建築基準法を上回る独自のルールを細部にまで徹底。
この効率がよくかつ安全な基準をルール化する事が、実は、ささもとのローコストで家が建てられる秘密でもあるのです。

画像(250x188)

◆建築中の建物を雨に濡らさない全面ブルーシート


家を建てる時に使う木材は、乾燥材を使っています。その乾燥材を雨から守るのが、全面ブルーシート

「何もそこまでしなくても・・・」
同業の方からもそんな突っ込みを受けるこの全面ブルーシートですが、手間も時間もかけてつくる家を建築中も徹底して守る。これがささもとのルールです。

画像(250x188)

◆大工も土足厳禁、家の中も大切に。

キレイな状態でお客様にお引き渡しができるよう、ささもとのスタッフはもちろん、大工さん、運送屋さんに至るまで、内部は土足厳禁。必要な際は、専用の上履きにはき替えて作業を進めます。

現場見学会にお貸しいただく際ももちろん、土足厳禁、手袋の着用の徹底など、ご協力いただいております。

画像(250x188)

◆毎週1回の定期清掃は社員全員で行います

良い家づくりはキレイな現場から。
キレイな現場を維持するために、毎週1回、現場にいる全員で現場のトイレを含めた、現場清掃を行っています。
また、そのチェックを社員がローテーションで行うことにより、客観的に見てもキレイと言われる現場づくりをしています。

画像(250x331)

◆いつでも、現場にお越しください!

建築中も家づくりを楽しんでいただけるように、
お施主様にはいつもでも見学していただけるよう、
準備をしています。

小さいお子様がいるご家族もご安心を。
子ども用のヘルメットもご用意してお待ちしています。

また、上棟時には、
マイホーム建築の記念に手形、足形を残すイベントも実施しています。
マイホーム建築が、ご家族にとって良い思い出になるよう、
おもてなしの心を持って、ご案内いたします。

【キホンその1】時間をかけたヒアリングの詳細はコチラ
【キホンその2】品質・価格でお客様の幸せを追求した家づくりの詳細はコチラ
【キホンその4】お客様にとって何が最良かを見極めるの詳細はコチラ

 

ページのトップへ ページのトップへ