いよいよ年末感が増して参りました。

みなさん、こんにちは!

月曜日更新担当、寒い日ほどスーツより作業着の方が

暖かくてつい、着てしまうことで有名な拓兵衛こと相原でございます。

 

さて、タイトルの通り、

すっかり年末感が増して参りまして、

例年通り、お仕事にイベントにと、せわしなくさせて頂いております。

 

暮れのご挨拶で、担当させて頂いたお施主様とお会いできるのを

毎日楽しませて頂いております。(嬉しい!)

 

さて、先日は束の間の休息日を利用し、バイクでタイ料理を食べにいってきました。

バイクを購入したバイク屋さんの系列のタイ料理屋さんなのですが、

どれもスパイシーかつ程よいパクチー感で美味しかったです。

(お会計は車両購入時に貰ったサービス券を利用致しました。ごちそうさまです。)

 

もちつき大会や、暮れの大掃除と、

今年やり残したことをばっちりこなしていきたいと思います。

 

また、来年のお役立ちイベントなどを検討中です。

「こんなイベントあったらいいな」

そんなご意見ご感想を、バリバリお待ちしております。

 

青梅市周辺、西多摩地域にて、新築一戸建て・注文住宅・リフォームをお考えで、

工務店や建設会社をお探しの方は、ぜひ、ささもと建設にお問合せください。

↓↓↓
ささもと建設ホームページ

1+

仕事は C & P で 

月曜担当のマザーズ∞です

突然ですが!

先日、娘が言いました

「 あのね、お母さん。私、怒るのやめたわ~ 」

そういえば、少し前までは大学から帰宅するなり

指導している後輩たちの生態に嘆き、怒りまくっていたのが

最近はない・・・(@_@)

 

聞くと、Command(指令)と Program(手順)の示し方で

ほぼ解決すると気付いたとのこと

 

例えて言うなら

一機ごとにスペック(能力)が異なるパソコンが数台あるとします

Programが間違っていると

どんなにスペックの高いコンピュータでも

Commandどおり動きません

 

当たり前のことですが

スペックレベルが異なるPCに

同じProgramでCommandを出しても

同じ成果は得られません

これは、与えられた仕事が出来ないPCが悪いのではなく

そのPCに合ったProgramを与えられなかった側に責任があるということなのです

( 指導する側に責任があるという意味 )

 

Aくん(1の手順を示せば10まで理解する)には最小限のProgramでRun !

Bさん(1の手順だけでは少々危うい)には、手順5ぐらいまで示し

基本Program+補足ProgramでRun !

Cくん(1から10まで手順を示しても、そもそも聞いていない)には

つきっきりで、その都度手順を示すいう特別ProgramでRun !

というように

個人差に対応した指導にシフトしたところ

実験の精度も上がり、娘自身もストレスが減ったらしいのです (@_@)

 

その指導方法改革のきっかけになったのは

超人気コミック 「 鋼の錬●術師 」 の作者・荒●弘氏による

コミックエッセイ 「 百姓●族 」 に出てくる

農家の常識は、世間の非常識

という言葉だそうです

 

受験勉強を経て入学して来た学生たちですから

一定の学力レベルはありますが・・・

 

” 年齢的に世間の常識やマナーぐらいわきまえているだろう ” とか

” これくらい出来て当然だろう ” と指導していたのが

そもそもの誤りだったと・・・

自分の中にある常識は、他人にとっては非常識

というポリシーに切り替えて、彼らの実験と研究をサポートしていくことにしたそうです

 

教育現場に限らず

あらゆる場面で

個人の能力差を考慮したC&Pが求められる、ということですか・・・

個性も能力も十人十色!

実際に住んでみたら 住みやすい街NO.1の青梅 羽村
青梅市 新町で 賃貸、貸家、マンション、アパート、平屋 などの住まい探しをするなら
ささもと不動産へお気軽にお問合せ下さい。
http://www.sasamoto.in/
↑ホームページはこちらです

3+