” 信長 ”の娘は、 ” 秀吉 ”

月曜担当のマザーズ∞です

突然ですが!

私と娘は

性格や嗜好、考え方や価値観がよく似ています

 

無類のKJ∞好き

最近の愛読誌 「 PR●SID●NT 」

この人やっぱりスゴイ! と、リスペクトしているのは  「 ホ●エモン 」

お気に入りの靴のブランドと、バッグのブランドが同じ

他にもたくさん、これでもかというぐらい共通点があります

 

しかし、ある日のこと

仕事関係や大学関係、友人関係などの話題で色々話しているうちに

他人との関わり方においては

ふたりが全く異なる考え方であることが判明しました

 

普段は極度のケチ体質、でも使うときはド派手に使う!

そんな尾張名古屋の風土で生まれ育った私は

他人との関係を損得勘定で図っているフシがあり

「 この人とこのまま関わっていても、自分には何の得にもならないな 」

と思うと、今後一切の付き合いを絶ってしまうということが

まあまああります

 

鳴かぬなら 殺してしまえ ホトトギス

 

羽村生まれ、羽村育ちの娘

初対面の相手にだけは 「 損得勘定 」 という物差しを使うようですが

自分の意に添わない言動や行動をする相手でも

「 どうすれば、この人を思うように動かすことができるのか 」

を考えることが好きらしいのです

 

「 鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス

 

 

立場と視点を変えてみます

 

 

この人に教えを請いたい! この人の技を学びたい!

そんな人物との出会いがあったとしましょう

 

師と仰ごうとする人物が ” 信長 ” タイプの場合

「 コイツは色々教えてやっても時間の無駄になるな 」

と判断されたら即、そのご縁はバッサリ切られることになります

まあ、そうなったら割り切って別の道を探しにいくしかないのですが

反省して出直すもよし、別の師を探すもよし

すぐに次の行動に移らせてもらえるという点では

親切とも言えましょう

 

” 秀吉 ” タイプの場合

「 時間はかかりそうだが、とりあえず育ててみるか 」

と面白がってはくれます

次々に課題を出してくれるのはよいのですが

ややもすると、与えられた仕事をこなしているだけでこちらは満足してしまい

独創的なアイディアを生み出すことや

新しい試みに対して消極的になるというリスクがありそうです

 

 

 

「 鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス 」 の

” 家康 ” タイプの場合

長い目で成長を待ってくれる懐の深い人物とも言えますが

教えを請う側が、自ら課題を見つけ、自ら動くタイプでないと

何の成長もせず、後輩たちに追い越されていく現実にも気づかぬまま

ただ歳を重ね、日々を消化するだけになってしまうかもしれません

 

戦国の世とは時代背景も時間の進み方も違う現代ですが

同じ観点で比較するのは少々無理があるにしても

何もかもが目まぐるしく変化していく現代を生き残っていけるのは

どのタイプなんだろうと考えます

 

あなたはどのタイプですか?

 

実際に住んでみたら 住みやすい街NO.1の青梅 羽村
青梅市 新町で 賃貸、貸家、マンション、アパート、平屋 などの住まい探しをするなら
ささもと不動産へお気軽にお問合せ下さい。
http://www.sasamoto.in/
↑ホームページはこちらです

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA