電子頭脳は分数が出来ない

月曜担当のマザーズ∞です

突然ですが!

賃貸借契約においては

月の途中からの契約や、月の途中での解約の場合

賃料をその月の実日数で、日割計算します

 

例えば、家賃60,000円の住居を9月20日で解約したら

60,000(円) ×( 20(日)/ 30(日) )

つまり、60,000円の3分の2ということになるので

解約月の日割賃料は、40,000円 となります

 

しかし、この計算をコンピューターが行うと

39,999.9999999999・・・という数字になる場合があります

 

乗除のみで構成される計算式の場合

計算順序に優先順位が発生しない(どこから計算しても答えは変わらない)ため

計算の根拠として

賃料が発生する日数の実日数に対する割合を先に算出すると

こんな結果になってしまうんです

 

分数は、別名「大雑把」という人間特有の概念ともいえます

そのあたりが人と機械の境界線なのかもしれませんね

誰か彼に分数を教えて・・・

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます
共感してくださったら
文末の ” イイね! ” ボタンをClickしてくださいね
青梅市 新町で 賃貸、貸家、マンション、アパート、平屋などの住まい探しは
ささもと不動産へお気軽にお問合せ下さい。

最寄り駅はJR青梅線小作駅                          西多摩地区以外の方には読みづらい駅名ですね                 OZAKU(オザク)と読みます

http://www.sasamoto.in/
↑ホームページはこちらです

6+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA