消えゆく林檎

月曜担当のマザーズ∞です

突然ですが!

毎年この季節になると

主人の実家( 東北 )からリンゴがひと箱送られて来るのですが

その前に

今年は自分でひと箱、「 紅玉 」( こうぎょく )という品種を通販で買いました

一般的な品種より、かなり小ぶりです

リンゴに限らず、ミカンやブドウなど

果物は生食することが殆どの日本人は

甘い品種を好む傾向があるそうで、それに応えるべく

品種改良が進められ、新品種がどんどん発表されています

栽培農家もその度に、より売れる新品種へ切り替え

原生種に近いものは、大幅に減少したという歴史があるのだそうです

 

昔はポピュラーだった「 紅玉 」も

現代人には酸っぱ過ぎるため、人気がない品種なのです

果物保存技術の発達で

スーパーの青果売場には様々な品種のリンゴが一年中出回っていますが

今や稀少品種となってしまった「紅玉」は

初秋のごく短期間しか売場に並びません

 

しかし、アップルパイやジャムに使う(加熱加工する)なら

この品種にかなうものはありません

売れ筋の甘いリンゴでフィリング(アップルパイの中身)を作ると

ただ甘いだけの風味になりますが( あくまでも個人的な感想です )

紅玉は、甘さと酸っぱさのギャップが際立つ、鮮烈な風味に仕上がります

 

今回購入した「 紅玉 」は

青森県の一部の地域でわずかに栽培されている

大正時代からの品種だそうです

これでアップルパイとアップルティーを作れば

約100年前の大正ロマンを味わえるでしょうか・・・

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます
共感してくださったら
文末の ” イイね! ” ボタンをClickしてくださいね
青梅市 新町で 賃貸、貸家、マンション、アパート、平屋などの住まい探しは
ささもと不動産へお気軽にお問合せ下さい。
最寄り駅はJR青梅線小作駅                          西多摩地区以外の方には読みづらい駅名ですね                 OZAKU(オザク)と読みます
http://www.sasamoto.in/
↑ホームページはこちらです

7+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA