【令和版】日本のことわざ

月曜担当のマザーズ∞です

突然ですが!

「 便りがないのが良い便り 」「 便りがないのは良い知らせ 」

という言葉があります

親戚や友人から連絡がないのは

その人たちが無事で暮らしているから、という意味です

突然の連絡は、悪い知らせであることが多いですからね

 

そもそも、電話や電報しかなかった頃は

遠方の人と連絡を取る手段としては

通信費が非常に高価だったため

 

「  ハハ キトク スグカエレ 」

 

といった、緊急性が高く、かつ良くない知らせ専用だった

( 緊急性のない連絡は手紙で事足りた )

という時代背景もあったのでしょう

 

しかし、時代は流れ

スマホにSNS

いつでもどこでも気軽に誰とでも連絡が取れるようになった現代は

ずっとやりとり出来ていた人からの連絡が

ある日を境にピタリとなくなったときに

嫌な予感と不安を覚える時代になったと言えます

 

「 便りがあるのが良い便り 」「 便りがあるのは良い知らせ 」

 

時代が変われば、ことわざの本質は変わってしまうわけです

 

年末年始で帰省していた娘(25)

昨年12月の残業が100時間オーバーだったらしく

体力も精神も、かなり消耗していました

「 もう仕事したくないなー、会社辞めたいなー 」

と言いつつ、戻って行きましたが

その後はしばらく、LINEを送っても

既読はつくものの、返信は一切なし

そんな日々が続き、親としては不安で心配で仕方ありませんでしたが

 

1ヶ月ほどして、一枚の写真が送られてきました

会費1万円(!)の高級焼肉飲み会だそうで・・・

ちゃんと食べているんだなと思い、安心しました

「 周りでは辞めていく人も出てきたけど、私は何かふっきれたー! 」

というメッセージつきでした

 

春には、娘の時と同様、200人程度の新卒が入社するそうで

「 来年の今頃は何人残っているかなー 」

と、年末年始の自分のことは棚に上げ、能天気なコメントをしていました

 

まさに、便りがあるのは良い知らせと思えた一件でしたが

ふたりの息子は異口同音で言いました

 

「俺らの場合はさー、 普段つき合いない奴から連絡来たら、

間違いなくマルチ商法の勧誘か、借金のお願いだよなー 」

 

彼らのことわざ辞典は、まだまだ【昭和版】のようです

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます
共感してくださったら
文末の ” イイね! ” ボタンをClickしてくださいね
青梅市 新町で 賃貸、貸家、マンション、アパート、平屋などの住まい探しは
ささもと不動産へお気軽にお問合せ下さい。
最寄り駅はJR青梅線小作駅                          西多摩地区以外の方には読みづらい駅名ですね                 OZAKU(オザク)と読みます
http://www.sasamoto.in/
↑ホームページはこちらです

5+

Users who have LIKED this post:

  • avatar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA