〒198-0024 東京都青梅市新町3-55-3 ささもとグループ本社ビル

第一工務 西脇 良太

「ささもとに頼んでよかった」その言葉が僕の最大の報酬。
そのために感覚的にわかるパースづくりで、ワクワクする家づくりを実現します。

 

所属部署・役職:第一工務

名前(ふりがな):西脇 良太(にしわき りょうた)

ニックネーム:ワッキー

生年月日:1987年8月5日

星座:しし座

血液型:A型

出身:東京都羽村市

入社年月:2013年9月2日

趣味・お休みの日の過ごし方:2人の娘を連れて公園へ遊びに行くこと

 

ささもと建設での主な役割は?

 

お客様の想いのこもったご自宅を、

大工さんを始めたくさんの職人さんたちと一緒に形にしていく仕事をしています。

 

 

あとは営業がご契約前のお客様と打ち合わせをする際の図面や、

ご提案の時にお客様にお見せするパース(外観や内観の様子が分かるイメージ図)、

お見積もりの作成を行なっています。

 

 

ささもと(この業界)に入ったきっかけは?

 

父がリフォーム会社を経営していて、その影響ですね。

小さい頃はたまに父の現場にも連れて行ってもらったりしていたので、

ものづくりをする仕事に憧れ、自然に建築業界を選んでいました。

 

 

自分の携わった物が形として残ることにすごく魅力を感じ、

最初は商業用ビルをつくるゼネコン会社に入社しましたが、

『お客様の一生に一度の家づくりに携わりたい』
『地域の方や地元のために働きたい』と
考えている時に、

地元羽村・青梅地域で注文住宅建設をしているささもと建設のホームページを見つけ、入社を決意しました。

 

 

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

 

お引き渡しの時に「ささもとに頼んでよかった!」って言って頂ける時です。

 

 

一生に一度のご自宅の新築工事ですから、

その中でお客様は不安を抱え込んでしまっている事があります。

どこが不安なのかどんなことを考えているのかを自分なりに一個一個かみ砕いた上で、

「ここはこうなっていますよ」とご説明するのを心掛けています。

 

 

お引き渡しの時に「ささもとに頼んでよかった」

と、おっしゃって頂けるのはその不安を払しょくできたのかなと思います。

やっぱりその一言が僕らの最大の報酬です。

 

 

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

 

お客様にとって一生に一度のご自宅の工事を任せて頂くわけですから、

常に真剣勝負なところが大変です。

 

 

ささもとの現場の職人さん達は何も言わずとも使い勝手や仕上げの綺麗さなど、

常にお客様のことを一番に考えて現場で腕を振るってくれています。

そんなささもとの職人さんに助けられ、私も常にお客様目線でいられるのだと思います。

 

 

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

 

営業がお客様にご提案するときに使うイメージパース作りです。

 

 

図面だけではお客様は全体のイメージが湧きにくいので、

イメージが湧きやすいようパースを作成しお客様に安心して頂けるよう心がけています。

「家づくりは楽しい」っていう気持ちをお伝え出来れば幸いです。

 

 

これから実現したい夢・目標を教えてください

 

ささもとのファンを増やすことです。

お客様の不安をひとつひとつ払しょくして、

「やっぱりささもとに頼んでよかったな」って思う人が一人でも増えればいいなと思います。

 

 

西脇良太さんって、こんな人 by安達一樹

お客様に対する営業とか接するときに丁寧に親身になって聞いていますね。

あとは、女の子2人のパパで、イクメンです。

 

Copyright(c) Sasamoto kensetsu All Rights Reserved./Produced by 想い伝えるサポート会社 ツタエル