〒198-0024 東京都青梅市新町3-55-3 ささもとグループ本社ビル

営業設計 尾澤 未来

お客様の気持ちを汲みとれる設計士になりたい。
素人から始めた私だからできるお客様目線の設計提案で幸せな暮らしをつくるお手伝いを。

 

所属部署・役職:第一工務

名前(ふりがな):尾澤 未来(おざわ みく)

ニックネーム:おミク

生年月日:3月4日

星座:うお座

血液型:O型

出身:東京都青梅市

入社年月:2014年7月

資格・特技:ITパスポート、司書、学芸員

趣味・お休みの日の過ごし方:友人とショッピング

 

ささもと建設での主な役割は?

 

主な仕事は、設計・コーディネート担当として、

契約後のお客様との打ち合わせ・ご提案です。

 

 

営業さんがお客様と決めた間取りを引き継いで、

設計事務所の先生と協力しながらその後の詳細、色関係、仕様決めのサポートをしています。

 

 

ささもと(この業界)に入ったきっかけは?

 

まず、地元である青梅が好きなので、地元で働きたい、

青梅で何か役立てることがしたいという想いがありました。

 

 

その中で青梅を中心に家づくりをしているささもと建設を、求人広告で見つけて応募しました。

親しみやすい・温かみのある会社というのが、ささもとの第一印象です。

 

 

そして、何十年も地元に貢献していて、女性が社長というのも魅力的でした。
実は、入社するまでは建築には全然縁がありませんでしたが、

思い切ってチャレンジすることにしたんです。

 

 

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

 

お互いに打ち解けて、お客様に心から喜んでいるお声を頂いた時です。

 


はじめのうちは、お客様も緊張していて言葉数が少ないことも多いのですが、

回数を重ねていくうちに徐々に笑顔が増えて、細かいご要望も言ってくれるようになります。

 

 

そんなご要望に対して、内容も気持ちもぴったり合った提案ができると心から喜んでもらえます。
その時が「よかった!」とやりがいを感じる瞬間です。

注文住宅で自由につくれると言っても初めて家を建てる方が多いので、

お客様も言いたいことがたくさんあると思うのですが、遠慮してしまう方もいます。

 

 

でも、もしこれを読んでいて、そんな方がいらっしゃったらお伝えしたいです。

「お客様には後悔してほしくないので、

『こんなこと言ってもいいのかな』という迷いがあれば、どんどん言ってください」と。

 


中には、ご要望にお応えできないこともあるかもしれませんが、出来る限り応えていきたいですし、
お客様のご希望に沿えるようなご提案を致します。

 

 

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

 

いきなり専門知識が必要な設計部門に配属されたので、

入社してからまずは設計サポートという形で設計の勉強を始めることになりました。

 

 

配属された時は不安だらけで、打ち合わせに同席した時も、わからないことが多く、

お客様からの質問にお答えできないことが申し訳ないというか、辛いなと思っていました。

でもやるしかない、全部勉強だと思っていました。

 

 

先輩から教えてもらったことは自分の中の体験として積み重ねて、失敗は繰り返さないようにしていました。
一回一回の経験を大事にしていて、分からないところは素直に先輩方にすぐに聞くようにしています。
夢を形に変える仕事をするものとして、このことは一生忘れない、と心に誓いました。

 

 

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

 

絵を描いたり、デザインを描くのが好きです。
見学会のチラシにのっているイラストや、会場にはるポップを手描きしています。

 

 

また、ささもとに入ってから建築を勉強しはじめたので、

お客様に一番近い目線で「わかりやすい」言葉でご提案させて頂けると思います。

 

 

建築の専門用語は難しいですからね。
自分が勉強していて分かりづらいと思ったところはお客様にとっても分かりづらい部分だと思うので、

お客様目線で分かりやすくお話するよう心がけています。

 

 

これから実現したい夢・目標を教えてください

 

お客様に「あなたに頼んでよかった」と言って頂けるような仕事をすることです。

 


ささもとを選んでくださる方は「人」への期待が大きいと感じています。
「営業さんの対応が良かったから選びました」と言ってくださるお客様もいるので、

それが会社自体の強みだと思います。
だからこそ私も、「尾澤さんに頼んでよかった」と言って頂けるようになりたいですね。

 

 

お客様ご自身の気持ちに寄り添った提案ができるように、

雑談で何気なく言ったことが実は本当の要望だったりすることもあるので、
聞き逃しが無いように意識しています。

 

 

尾澤未来さんって、こんな人 by太田愛花

非常にマイペースでどっしりと構えている印象なので、

一緒に仕事をしていると安心感があります。

学生時代の時に少林寺拳法をやっていたので、強いと思います。

体制が変わり、仕事量が多くなっている中、

一生懸命やって乗り越えている姿を見て尊敬しています。

 

 

 

Copyright(c) Sasamoto kensetsu All Rights Reserved./Produced by 想い伝えるサポート会社 ツタエル