〒198-0024 東京都青梅市新町3-55-3 ささもとグループ本社ビル

第一工務 宿谷 貴宏

これまでの経験を活かした仕事をお客様にも社内の若い仲間にも。
お引渡しの時、お客様に笑顔で喜んでいただける現場をつくります。

所属部署・役職:第一工務

名前(ふりがな):宿谷 貴宏(しゅくや たかひろ)

ニックネーム:sikupie (しくぴー)

生年月日:1955128

星座:みずがめ座

血液型:B

出身:埼玉県飯能市

入社年月:20081

資格・特技:建築施工管理2級、木造組立責任者、玉掛け、普通2種免許

趣味・お休みの日の過ごし方:自然を撮るのが好きです。

休みの日はカメラを持って、早朝に出かけることが多いです。

陽の出前の凛とした大気に、刻々変化する光を目の当たりにして

珠玉の時を過ごせます。

 

ささもと建設での主な役割は?

 

仕事は、現場管理です。

 

 

実は、一度定年退職してから、今は嘱託社員という形でお世話になっています。
役割としては、若い人たちのサポートや、

私の知識や経験を活かした工事の仕事を任されています。

 

 

ささもと(この業界)に入ったきっかけは?

 

実はこの業界に入ったのは、39歳の時。

 

 

畑違いの転職で全てが一からの出直しでしたが、

多くの方々の「木組は人組」の心意気に叱咤激励されて、

今ではベテランと言われるようになりましたが、結構遅くに飛び込んだ世界だったんです。

 

 

一通り仕事を覚え周囲が見えるようになった時、自分が携わっている仕事は形として表し、

言い訳のきかない真剣勝負の世界と改めて認識しました。

責任感の重さを痛感し、以降お客様に安心してお住まい頂けることだけを願ってまいりました。

 

 

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

 

やはりお客様の家のお引渡しの時ですね。

 


お施主さまご家族皆様に笑顔で喜んで頂ける様子を見た時は、

「担当させて頂けて良かった」お役に立てて良かったと心中嬉しさでいっぱいです。

 


これは、この仕事をはじめてから益々強くなった、何事にもかえがたい特別な感情ですね。
その時、同時に思い出すんですよ。
それまで一緒に家を創ってきたささもとの仲間と協力会社様。

 

 

お客様に安心してお住まい頂けるように、皆其々の持ち場に全力で取組みますが、

家造りに於いて、そのすべてが順調にいくわけでもないんです。

でもその時々に皆で知恵を出し合い、乗り越えたこと。そこでさらに強まったチームワーク。 

感謝という言葉では表せきれないくらい有り難い気持ちになります。

 

 

そうやってここまでみんなに支えてもらってきましたから、

今は少しでも恩返しができるように、これまでと変わらず・・・

どころか、より一層の想いで仕事に打ち込んでいます。

 

 

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

 

大変というよりも貴重な教訓を頂いた出来事がありました。

お客様に、家造りに、そして自身に正直に仕事をしなければならないということ。

 

 

ある新築のお客様との出来事です。

 

 

着工から工事が順調に進み、いよいよ現場は完成間近となり、

完了検査用工事報告書の作成で写真整理をしていた時、構造金物の取付ビス仕様の違いに気づきました。

 

 

規定の耐力を保証できない。

ビスの交換には仕上がった内壁の一部を撤去して復旧する必要がある。

出来上がった建物を傷めることでの、お客様の心中を思うと是正の判断が鈍りました。

 

 

でも、お施主様の上棟式での笑顔の写真を見たとき、

「この家に末永く安心してお住まい頂くためには是正が必須」

そう思って、お施主様に金物の取付ビスが違っていた事、

工事の是正をさせて頂きたいこと、全ての事情をお伝えさせて頂きました。

本当にご迷惑をお掛けしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

 

でも、その時にお施主様は言って下さいました。

「ささもとさんに正直に言ってもらえてよかったです」と。

 


夢を形に変える仕事に携わる者として、この教訓を生涯忘れず、

確かな家づくりのために今まで以上に誠心誠意に取り組むことを心に誓いました。

 

 

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

 

趣味の写真ですね。

一眼レフを持たせて風景を撮らせたら誰にも負けないです。

 

 

あとは・・・昔バンドをやっていたので、ギターも得意でした。

30年以上のブランクでしたが、年末のもちつき大会でも一度、披露させていただいたことがあります。

 

 

これから実現したい夢・目標を教えてください

 

ささもとの仕事のメインは若い世代にどんどんシフトしています。
パワーがすごいので、若い人たちに任せつつ、必要な時はアドバイスしていこうと思っています。

 


山登りのための、ベースキャンプのように、

一旦落ち着く場所、立ち戻れる場所、そんな存在として、必要な情報を提供していきたいと思います。

 

 

プライベートでは、いつか 日本の四季を気ままにカメラで撮って周りたいですね。
日本の四季の風情はやっぱり憧れですよ。日本に生まれて良かったと思います。
風景撮影は、朝とか夕方がベスト。

黎明の時間帯に多くの皆さんはまだ夢の中なのでもったいないなぁと思います。

 

 

究極の目標は、その人の人柄・人生がにじみ出ているような姿を、

また心が和む自然な笑顔の写真を撮ってみたいですね。

 

 

宿谷貴宏さんって、こんな人 by松岡貴史

会社の全員が認めるほど立派な方。

まず、言葉使いがきれいですし、身振り素振り、

お客様対応は、宿谷さんがピカイチだと思います。

宿谷さんにとっては、自然なのかもしれませんが、本当にきれいな日本語を使うんですよ。

私がお客様だとしたらそれだけで信用できるなって思います。

 

 

Copyright(c) Sasamoto kensetsu All Rights Reserved./Produced by 想い伝えるサポート会社 ツタエル