〒198-0024 東京都青梅市新町3-55-3 ささもとグループ本社ビル

不動産管理部 吉川 暁朗

青梅に住まう人の住まいの相談窓口として。
お客様に、会社に、そして地元に貢献したいと思っています!

 

所属部署・役職:管理

名前(ふりがな):吉川 暁朗(よしかわ あきろう)

ニックネーム:アッキーロ、タナアキ

生年月日:1986年3月8日

星座:うお座

血液型:B型

出身:東京都羽村市(青梅)

入社年月:2008年4月1日

資格・特技:宅地建物取引士、防災・防火管理者、漢検2級

趣味・お休みの日の過ごし方:息子と遊ぶ、スーパー巡り、雑貨店巡り

 

ささもと不動産での主な役割は?

 

第一接客として受付業務から、

空室の募集チラシの作成やホームページの空き室情報の更新などの募集業務、

お部屋探しのご案内や契約業務、月極駐車場の巡回などの管理業務、

空室のリフォームや契約者様からのお悩み相談、

お湯が出ないなどの突発的な設備不具合時の修繕手配などの窓口業務、

オーナー様へのご提案や報告などを行う業務、保険の契約や清算、

事故対応などの保険業務と業務内容は多岐にわたります。

 

 

不動産管理を一言で言い表すのは非常に難しいです。

 

 

ささもと(この業界)に入ったきっかけは?

 

地元に貢献できる仕事がしたかったというのがこの会社を選んだ一番の理由です。

 


私はこの街で生まれ育ち、田舎のような自然も多くて、

でも便利さもあるこの町が大好きで、こんなに住みやすい街は他にないと思っています。
そう思ったきっかけとして、転勤族の方とお話をさせて頂いたときに

『色んな所に住んだけど、ここが一番住みやすかった』とお話してくださったことがあります。

そういった話をお聞きして、改めて地元に対する愛情が湧いてきました。

 


また、社長には働かせて頂いていることに非常に感謝しています。

当時の私は実績も、学歴もなく、面接を受けては落ちということを幾度となく繰り返していました。

そんな私を拾って下さり、仕事面だけでなく、プライベート面でも色々と支えてくださいます。

チャンスを与えていただいたことに感謝しかありません。

 

 

この仕事を「やっててよかった!」と思う瞬間はどんなとき?

 

お客様と長いお付き合いができているということが、私の一番のやりがいです。

 

 

以前ご案内させて頂いたお客様が更新してくださったり、住み替えのご相談を受けたり。

一度お引越しをしてしまったお客様が、青梅に戻ってきて来店して頂いたり。

 

ささもとの合言葉である「ハートのあるご提案で10年・20年のお付き合い」、

その言葉通り、長くにわたってご信頼いただける関係が築けていることを実感したときには、

この仕事のやりがいを感じます。

 

 

大変だったなぁと思ったのはどんなとき?

 

トラブル時の対応です。

 

 

マニュアルはあってないようなものなので、

その時々に合わせた臨機応変な対応ができるかどうかが重要です。

そして、今後に活かせるように記録しておくこと。

それが対応力の向上にも繋がります。

 

 

過去、大変だった業務は動物(猫)の死骸の駆除が肉体的にきつかったです。

異臭がすごくて、あれは大変でした(苦笑)

また、立ち退き交渉は精神的にきつかったものもありました。

 

 

コレをやらせたら、社内で右に出るものはいない!ことは何ですか?

 

保険分野です。知識、経験も積ませて頂いているので、

これからは生命保険の分野やファイナンシャルプランも勉強して、

人生設計に役立つご提案やオーナー様の相続対策など

長期的なご提案ができるようになれたらと考えています。

 

 

また、内部的なことでは、事務作業の効率化や共用スペースの整理整頓に力を入れています。

 

 

これから実現したい夢・目標を教えてください

 

住みたい街ランキングに青梅が入ること。

 

 

地元を活性化させたいです。青梅では人口が減少傾向にあり、高齢化も進んでいます。

でも、この街は本当にいい街なので地元の人はもちろん、

市外県外にも『住んでみたらいいところだよ』って伝えたいです。

それで将来的に人口が増えれば最高ですね。

 

 

吉川暁朗さんって、こんな人 by松本千佳

勉強熱心で、一生懸命家族の為に働いて、ずっと年下なんですけど、尊敬しています。

自分が彼の年齢の頃を思うと、そんなにオトナじゃありませんでしたから恥ずかしいです。
一見、物静かな性格のようですが、実は内に炭火のような熱源を秘めており、

ここぞというときには一気に最高温度へ燃え上がれる人です。

 

 

Copyright(c) Sasamoto kensetsu All Rights Reserved./Produced by 想い伝えるサポート会社 ツタエル